名刺デジタル化サービスの国内リーディングカンパニー。名刺情報を正確、低コスト、短納期でデジタル化、名刺データを自社システムやSaaSで活用できるクラウドサービス。

Service

名刺デジタル化クラウドサービス『RegoEngine(レゴエンジン)』


『レゴエンジン』は、「名刺」の情報を、スピーディかつ正確にデジタル化し「名刺データ」として納品するサービスです。


さまざまなシステムやサービスと、インターネット(WebAPI)を介して自在に連携することができる、クラウドサービスです。

自社の顧客管理システム(CRM)営業支援システム(SFA)に組み込むことで、名刺の情報を自社システムの「顧客データ」として利用できるようになります。

あるいは、自社で販売されているSFAやCRM、グループウェアなどのクラウドサービスSaaSと連携できるOEMモデルもご用意しています。 当サービスを組み込むことで、自社サービスのブランドにて、名刺デジタル化の機能をお客様に提供できるようになります。

レゴエンジン
REGOENGINE

在宅の日本人オペレーターによるデータ入力

名刺のデータ入力は、当社の『RegoEntry(レゴエントリ)』サービスに登録されている数百名の在宅オペレーターが行っています。
日本人が実際の名刺画像を見て入力するので、ほぼ100%の精度で正確にデジタル化されます。 在宅オペレーターは24時間365日稼働のため、名刺データをお渡しするまでにかかる時間は早ければ数分という短納期を実現、同時に、名刺1枚当たりの処理費用の低コスト化も実現しています。

スマートフォンのカメラで名刺を撮影するか、PCにつないだスキャナで名刺をスキャンして、名刺画像をサーバーに送信していただくだけ。とても簡単な操作でサービスを利用いただけます。

日本人のオペレーターが名刺画像を見て項目ごとに名刺情報を入力します。
複数のオペレーターによって入力されたデータは相互にチェックされるため、ほぼ100% 正確です。

入力オペレーターは常に数百人規模で作業しており、数分〜平均3、4時間程度(※)で、名刺の全項目がデジタル化されます。
(※) スキャンした時間帯や混雑度によって納品までの時間は前後します。SLA(サービス品質保証)にて、翌営業日の納品を保証しています。

名刺専用の文字認識システムや独自の辞書を使った自動処理システムに加え、在宅のオペレータによるデータ入力システムにより、これまでにない効率化と低コスト化を実現。 毎日、大量の名刺を処理しているため、1枚30円〜(※)と低価格ご利用いただけます。
(※) 名刺の処理単価はサービスの内容や名刺の項目数によって変わります。

ご利用者にとってのメリット

めんどうな取引先情報の入力作業から解放される

取引先のお客様の名刺情報の入力は、手間と時間がかかりたいへんめんどうなものです。
現在、ご利用中のシステムに名刺デジタル化サービスを組み込むことで、営業マンは名刺をカメラで撮影 or スキャンするだけでお客様の情報を簡単に登録できるようになり、システムやサービスの利便性が大幅にアップします。

【スマホカメラで撮影する】

「名刺カメラ」アプリを使って、スマートフォンのカメラで撮影した名刺画像をサーバーに送信します。

名刺カメラ

メリット・・・どこでもすぐに簡単に名刺の取り込みができます。
⇒ 営業マンの日々の名刺の取り込みに適しています。

動作保証端末
Apple : iPhone4/4S、5/5S、6、iPad3以降、iPad mini2以降
Android : バージョン2.3以降のOSを搭載した端末
     (すべての端末での動作を保証するものではありません)

【スキャナでまとめてスキャンする】

名刺スキャン専用のアプリを使って名刺をスキャンして、名刺画像をサーバーに送信します。

名刺スキャンアプリケーション

メリット・・・一度にたくさんの名刺を取り込めて、表裏両面を画像化できます。
⇒展示会やセミナーの来場者の名刺や、これまで溜まってしまっていた大量の名刺を一括してスキャンしたいときに適しています。

動作確認済みスキャナー

名刺のすべての項目が正確に登録される

簡単で便利になるだけでなく、会社名や氏名、所属役職、メアド、電話番号、住所、URLなどの、名刺のすべての情報を正確に登録できるという点も大きなメリットです。

また、手書きのメモもテキストデータとして納品されるため、出会ったきっかけや人物の特長・役割などのメモもデジタルデータとして残すことができます。

目的の名刺データを検索することはもちろん、セミナー集客の案内やお礼状の送付、さまざまなマーケティングや顧客の分析にも、名刺データが活用できます。

いつでも、すぐに、少量でも使える

一般的なデータエントリの委託では、「量」や「枚数」によって、単価が異なったり、都度見積もりを依頼する必要があり、日常的に名刺をデータにするのはなかなかめんどうなものです。

名刺デジタル化サービスなら、お持ちのスマートフォンや、手元のスキャナで名刺をスキャンするだけで、いつでも、それこそ毎日でも交換したお客様の名刺をデータとして利用できます。

デジタル化される名刺項目

サービス連携のメリット

顧客管理機能を強化

「顧客管理」の機能は、多くのシステムやサービスにおいて重要な機能です。

名刺デジタル化クラウドサービスを、営業支援(SFA)や顧客管理(CRM)システムと連携することで、名刺データを顧客データベースに取り込むことができる機能を実現できます。

また、メールの一斉配信サービスやDM配送サービスなどのマーケティングシステムとの連携では、貴重な名刺データを見込み客リストとして活用できます。

営業マンや経営者の名刺データ(人脈)を共有できる

営業マンや経営者の方々が日々交換している名刺をデータ化することにより、個々人が持っている取引先などの「人脈」をお互いに共有して、ビジネスに活用することができます。

同時に、名刺データは企業の顧客資産として蓄積し一元管理されるので、長年にわたりさまざまな用途に名刺データを活用できます。

ユーザーの名刺を顧客DBに

導入モデル

ニーズに応じていくつかの導入モデル(ソリューション)をご用意しています。

OEMによるサービスへの組み込み


SaaS/ASPのサービスベンダー様に。

自社で運営しているサービスの顧客データの取り込み口の1つとして「名刺」をデジタル化する機能をサービスにアドオンできます。

御社のサービスをご利用中のお客様の利便性が向上し、また、オプション機能としてご提供していただくことでアップセル商材にもなります。
もちろん、OEMですので、御社のサービスのブランドをそのままご利用いただけます。

OEMモデルの詳細ページへ

自社システムへの導入


自社で構築したシステムやパッケージをご利用の方に。

自社の顧客管理システムや営業システム、マーケティング、グループウェアなどの社内システムで、社員が持っている「名刺」のデータを管理する機能を追加できます。

名刺の検索やアドレス帳としての活用など、社員の方の利便性が大きく向上するだけでなく、社員間の人脈の共有や名刺データのマーケティングでの活用など、社内システムの新たな機能の開発が容易になります。

自社導入モデルの詳細ページへ

Salesforce向け名刺管理サービス「SmartVisca」


Salesforceをすでにご利用の方に/導入を検討中の方に。
SmartVisca Logo
Salesforceに簡単に組み込み(アドオン)可能なAppExchangeモジュール「SmartVisca(スマートビスカ)」がお奨めです。

これまで手間のかかっていた取引先情報の入力作業が省力化でき、また、名刺データをSalesforceの画面上で検索したり、取引先や、取引先責任者、リード、として利用できるなど、Salesforceの利便性が大幅に向上します。

「SmartVisca」の詳細ページへ

※「SmartVisca」は株式会社サンブリッジが開発・販売するサービスです。

名刺管理サービス「Spot&Lite」


シンプルで安価な名刺管理サービスをご検討中の方に。
SpotLite Logo 名刺データをWEBブラウザやスマートフォンから検索することができる、簡易的な名刺管理サービスが「Spot&Lite」です。

検索条件に一致した名刺データをダウンロードしてEXCELで表示したり、他のシステムで利用することもできます。
※名刺データはレゴリスのクラウドサーバー上に保管・管理されます。

「Spot&Lite」の詳細ページへ