名刺デジタル化サービスの国内リーディングカンパニー。名刺情報を正確、低コスト、短納期でデジタル化、名刺データを自社システムやSaaSで活用できるクラウドサービス。

Solution

ニーズに合ったさまざまなソリューションをご用意

名刺デジタル化クラウドサービスは、さまざまなシステムやサービスと自在に連携することができます。

ソリューションの説明

OEMモデル

自社で運営しているサービスの顧客データの取り込み口の1つとして「名刺」をデジタル化する機能をサービスにアドオンできます。

名刺デジタル化クラウドサービスを自社のサービスに組み込んで自社ブランドで販売していただけます。
ユーザーは今まで使い慣れたサービスで名刺データを取り込んで利用できます。これにより、ユーザーの利便性の向上やサービスに対する満足度の向上がはかれ、同時に、オプションサービスの販売によるアップセル(顧客単価の向上)も実現できます。さらに、競合他社とのサービス内容の差別化や、既存顧客の解約防止策としても有効です。

システム概要

御社システムに「認証プログラム」と「名刺データインポートプログラム」をアドオンして、名刺デジタル化クラウドサービス(レゴエンジン)と接続します。

OEMモデルシステム図

認証プログラム

名刺スキャンアプリおよび名刺カメラの利用ユーザーの認証を行うためのプログラムです。
送信されてきたログインIDとパスワードから利用者の認証を行うためのプログラムです。

名刺データインポートプログラム

レゴエンジンのサーバーから、完成した名刺データを取得するためのプログラムです。取得した名刺データを御社のシステムの顧客DBにインポートします。
必要に応じてデータ形式の変換などの処理を行います。


それぞれデータの通信方式や送受信データの形式を取り決めた「WebAPI」をご提供します。WebAPIの仕様に合わせて連携プログラムの開発を行います。

サービス名称(ブランド)

御社サービスのブランド名にて販売していただけます。

御社サービスの新しい標準機能として、あるいは、オプションサービスとして、御社サービスのご利用ユーザーに名刺デジタル化のサービスをご提供いただけます。

販売価格

御社で自由に価格決めして販売していただけます。

例えば、ご利用開始時には初期料金を、毎月の利用料金は利用ユーザー数に応じて課金し、加えて、毎月の名刺のデジタル化処理枚数に応じた従量課金を行うといった料金体系を組むことができます。
お客様にとっては利便性が向上し、SaaSベンダー様にとっては顧客単価のアップ(アップセル)につなげることができます。

完全アウトソーシング

スキャンされた名刺画像の受信から、デジタル化処理、オペレータによるエントリ処理は、当社システムにて行われます。御社では、受信した名刺データを御社システムに取り込む部分を管理するだけですので、システム運用負担がほとんどありません。
名刺データの入力作業は、当社で契約・管理している在宅オペレーターが行うため、御社の業務負担はありません。

サービスインまでの準備

サービスインまでの御社側の準備には、大きく2つの作業があります。

販売の準備

御社サービスのユーザーへの告知やマーケティング戦略、営業方法、販売価格などをご検討ください。

システム開発

御社サービスのシステムと当社サービスの連携部分のシステム開発が必要です。 当社より開示させていただくWebAPIを利用してサーバー同士を接続するための連携プログラムの開発が必要です。 連携システムの開発は、当社の技術者が手厚くサポートさせていただきます。

サービスイン後の運用イメージ

御社では、顧客ユーザーへの初期設定のサポートと、毎月の請求業務を行うだけです。
ユーザー企業ごとの利用状況は、当社にて利用枚数を月次で集計してご報告します。御社では面倒な集計作業などの手間はかかりません。 当社よりお渡しする請求明細データをもとに、御社のサービス料金とあわせてユーザーに料金を請求してください。

当社から御社へのご請求は、月額基本料金と、御社のご利用ユーザーの名刺処理枚数に応じた処理料金の合算分となります。

開発・投資コスト

御社サービスのシステムとは、当社で提供するWebAPIを通して連携するため、最小限の開発工数で機能の実装が可能です。開発工数はおおむね1〜3ヶ月程度です。

名刺画像の受信からデジタル化処理まで、すべての処理は当社のサービスにて行われるため、サーバー増設などの追加コストはほとんどかかりません。
※ 名刺画像の受信を御社側で行いたい場合には、別途「名刺受信転送サーバー」のご用意が必要です。 なお、その際の受信モジュール一式は当社よりご提供させていただきます。

導入にかかる費用

初期費用

・OEMライセンス料金 200万円〜
 ※ 名刺スキャンアプリ、名刺カメラアプリのOEM版のご提供費用が別途かかります。

月額料金

・基本利用料金      10万円
 ※ 利用企業数やユーザー数による当社からの課金/プロフィットシェアはありません。
・名刺デジタル化処理料金 30円/名刺1枚あたり
 ※ 名刺の処理単価はサービスの内容や名刺の項目数によって変わります。

導入事例

★グループウェア/SFA SaaSベンダー ★PaaS/メールマーケティング SaaSベンダー(国内最大手) ★CRM&マーケティングSaaSベンダー(グローバル)
★名刺管理SaaSベンダー ★名刺管理SNSベンダー ★セミナー管理SaaSベンダー 他

自社導入モデル

自社の社内システムの顧客データの取り込み口の1つとして「名刺」をデジタル化する機能をアドオンできます。

顧客管理(CRM)や営業支援(SFA)、イントラネット、グループウェアなど、ふだん社員の方が利用されているシステムで名刺デジタル化サービスを利用できます。
社員のみなさまは今まで使い慣れたシステムで名刺データを取り込んで、名刺の管理や共有、顧客情報の登録といった用途で、名刺データを利用できるようになり、大きく利便性が向上します。 また、個々人から見ると顧客データの入力が省力化されるメリットがあり、経営マネジメント側から見ると正確な顧客データを社内システムで永続的に蓄積管理できるというメリットが生まれます。

システム概要

御社システムに「認証プログラム」と「名刺データインポートプログラム」をアドオンして、名刺デジタル化クラウドサービス(レゴエンジン)と接続します。

システム構成は「OEMモデル」とまったく同じですので、OEMモデルのシステム構成をご覧ください。

開発・投資コスト

御社システムとは、当社で提供するWebAPIを通して連携するため、最小限の開発工数で機能の実装が可能です。開発工数はおおむね1〜3ヶ月程度です。

名刺画像の受信からデジタル化処理まで、すべての処理は当社のサービスにて行われるため、サーバー増設などの追加コストはほとんどかかりません。
※ 名刺画像の受信を御社側で行いたい場合には、別途「名刺受信転送サーバー」のご用意が必要です。 なお、その際の受信モジュール一式は当社よりご提供させていただきます。

導入にかかる費用

初期費用

・ライセンス料金 200万円〜
 ※ 名刺スキャンアプリ、名刺カメラアプリのご提供費用が別途かかります。

月額料金

・基本利用料金      10万円
 ※ 利用ユーザー数は無制限です。
・名刺デジタル化処理料金 30円/名刺1枚あたり
 ※ 名刺の処理単価はサービスの内容や名刺の項目数によって変わります。

導入事例

★総合電機メーカー(東証一部上場) 他

Salesforce用 名刺管理サービス『SmartVisca』

Salesforceで、名刺管理やリード管理ができるようになるAppExchange(アドオンアプリケーション)サービスです。

取り込んだ名刺データをSalesforce上で検索したり、名刺データをもとにした社内人脈の共有もできるため、Salesforceの利便性が大きく向上します。
名刺をスキャンするだけでSalesforceに名刺データが自動的に登録され、めんどうな顧客データの入力の手間が省けます。また、経営マネジメント側から見ると正確な顧客データを社内システムで永続的に蓄積管理できるというメリットが生まれます。

「SmartVisca」名刺管理サービスは、株式会社サンブリッジ が開発販売を行っているサービスです。

SmartVisca+Salesforce

概要

Salesforceのトップ画面の「名刺タブ」からスキャンした名刺を検索したり詳細を確認することができます。名刺データの詳細画面では、
・名刺画像の表示(オモテ/ウラ)
・メールソフトの起動
・オフィスの地図の表示(GoogleMap)
といった便利なリンクが使えます。

また、表示中の名刺データは、ボタンワンクリックでリードや取引先・取引先責任者にコピーすることができますので、めんどうな顧客情報の入力の手間から解放され、さらにSalesforceには正確な顧客データが登録されます。

主な機能

・名刺検索、一覧、詳細表示
・名刺データのリード、取引先、取引先責任者へのコピー/一括コピー
・名寄せ(同一名刺の統合)
・営業マン同士の名刺データの共有
・Chatter上での名刺交換の履歴表示
・各種レポート/ダッシュボード

他のAppExchangeサービスとの連携

名刺に記載された会社名・氏名・メールアドレスなどを正確にデータ化できるようになり、リードに名刺データを登録することもできますので、AppExchangeとして提供されているツールやマーケティングツールなどのさまざまなサービスともシームレスに連携することができます。

Salesforce1 Salesforce2

導入事例

★大手人材紹介会社 ★大手不動産会社 ★電気設計/SI会社(東証一部上場) ★公共事業会社 他

名刺管理サービス『Spot&Lite』

名刺管理サービスSpot&Liteは、手軽に名刺データの管理を社内で行いたい企業向けのサービスです。

概要

スマートフォンやスキャナで取り込んだ名刺を100%の精度でデジタル化。手軽に、そして安価に名刺データの管理ができるサービスです。
ふだんお使いのWEBブラウザから目的の名刺をすぐに検索可能。PCやiPadなどのスマートパッド上で名刺管理ができます。
さらに、外出先ではスマートフォンから所有している名刺をいつでもどこでも確認OK。分厚い名刺入れを持ち歩く必要はもうありません。

主な機能

・名刺のクイック検索(会社名、氏名、メアド)
・名刺項目による詳細検索
・検索結果のダウンロード(CSVファイル)
・手書きメモのデータ化機能
・他のユーザーとの名刺共有
・ワンクリックでメール作成、地図表示、電話をかける
・管理者向け機能(ユーザー登録、利用料金レポート)

導入にかかる費用

SaaSモデル

当社のサーバーに名刺データを格納。WEBブラウザやスマートフォンからアクセスできるサービスです。
特別なハードウェアなどのご用意は不要。お申し込みから2〜3日でご利用開始いただけます。

・初期料金  10万円
・月額料金   1万円(20ユーザーまで)
        3万円(50ユーザーまで)
        5万円(100ユーザーまで)
・名刺処理料金 40円(1枚につき)

ライセンスモデル

御社でご用意いただいたサーバー上で「Spot&Lite」サービスを稼動させるモデルです。
個人情報保護やコンプライアンスの観点からSaaSの利用が難しい企業様や、名刺データを外部に置くことができない企業様でのご利用に適しています。

・初期料金  100万円〜(ライセンス料金、導入/設定作業費 他)
・月額料金   10万円 (ご利用ユーザー数無制限)
・名刺処理料金  40円 (1枚につき)

OEMモデル

御社のサービスとしてお客様に販売していただけるモデルです。サービス名やサービスのロゴなどを、御社で自由につけていただけます。
もちろん、お客様への販売価格も御社で自由に設定していただけます。

・初期料金  100万円〜(OEMライセンス料金、導入/設定作業費 他)
・月額料金   10万円 (ご利用企業数/ご利用ユーザー数無制限)
・名刺処理料金  30円 (1枚につき)

導入事例

★IT系商社 営業部門 ★SIer 営業部門 ★パッケージベンダー
★旅行会社 法人営業部門 ★芸能事務所 ★投資ファンド 他

名刺検索〜名刺データ詳細画面

さまざまな条件で名刺を検索。名刺データはダウンロードしてさまざまな用途で活用できます。

SpotLiteScreen1

スマートフォン画面

外出先からも自分の名刺にすぐにアクセスできます。ワンクリックで電話をかけたり地図を表示することもできます。

SpotLiteMobile